kikanshi

奈良西分会 機関紙

第11号(2014年3月24日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20140324.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20140324.jpg newsletter_20140324-2.jpg

号外(2014年3月18日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_extra_20140318.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_extra_20140318.jpg

第10号(2014年2月24日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20140224.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20140224.jpg newsletter_20140224-2.jpg

第9号(2014年1月27日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20140127.pdfおよびnewsletter_20140127-2.pdfより、PDF形式でもダウンロードできます。今月号はPDFファイルが少し大きくなったため、分割しました。
newsletter_20140127.jpg newsletter_20140127-2.jpg

第8号(2013年12月9日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20131209.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20131209.jpg newsletter_20131209-2.jpg

第7号(2013年11月25日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20131125.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20131125.jpg newsletter_20131125-2.jpg

号外(2013年11月7日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_extra_201311.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_extra_201311.jpg

第6号(2013年10月30日号)

画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20131030.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20131030.jpg newsletter_20131030-2.jpg

第5号(2013年9月24日号)

表裏2ページ分あります。画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20130924.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20130924.jpg newsletter_20130924-2.jpg

第4号(2013年8月23日号)

B4版で表裏2ページ分あります。画像をクリックすると拡大表示できます。newsletter_20130823.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20130823.jpg newsletter_20130823-2.jpg

第3号(2013年7月22日号)

B4版2ページあります。 newsletter_20130722.pdf より、PDF形式でもダウンロードできます。
newsletter_20130722.jpg newsletter_20130722-2.jpg

第2号(2013年5月30日号)

2ページあります。 newsletter_20130530.pdf より、PDF形式でダウンロードできます。
newsletter_20130530.jpg newsletter_20130530-2.jpg

創刊号

創刊号 2013/4/15

発行:郵政産業労働者ユニオン 奈良西分会

郵政産業労働者ユニオン奈良西分会を結成しました。

皆さんは、毎日楽しく仕事していますか? 職場の人間関係は良いですか?休日にはリフレッシュ出来ていますか? 賢明な皆さんは既にご理解されているでしょう。私たちの奈良西郵便局、いいえ、すべての郵政職場は今まさにブラック企業の様相を呈しています。休憩休息は取れずサービス残業が常態化していますし、イベント小包等の営業目標が非常識なほどに高く設定されているために、自爆営業する社員が後を絶ちません。さらに内務職員は基本的セールスは出来ないにもかかわらず、パワーハラスメントによりコンプライアンス違反にも係わらず強要されています。

管理者はパワーハラスメントの理解が出来ていないので、社員を大声で恫喝し、さらには私たちの人格をも否定する言葉まで浴びせます。ですが多くの社員は、上司と部下という立場上、それにじっと耐えてきました。ストレスが雪の様に降り積もり、自分の姿をすっぽりと覆い隠しても耐えました。耐えて、耐えて、そして耐えきれずに職場を去る人たちや鬱病になる人たちが増えていきました。そして悲しい最後を迎える人まで現れました。これが日本有数の大企業の姿でしょうか?

このような職場を皆さんは家族に誇れますか? 自分の働く姿を子供や孫に見せられますか?『働く』という事は人生において大きな比重を占めます。一刻も早く人としての尊厳を、社会人としての権利を、日本郵政グループ社員としての誇りを取り戻さなければ、私たちは皆ブラック企業に飼いならされた社畜と化してしまうでしょう。このような問題をなんとかしなければと思いを重ねて来て、ここに小さな一歩を踏み出した数名の社員がいます。

私たちは新たに郵政産業労働者ユニオンの分会を結成し、会社へ要求書を提出し団体交渉を申し入れます。

皆さんの中に共感して下さる方や、同じように辛い思いをしている方がいたら私たちに声をかけて下さい。相談だけでも構いません。このままではひどくなるばかりです。

今のままを進めようとする人々から、嫌がられたり、罵られたりするかもしれません。それでもうつむいたりしません。人としての扱いを、心を取り戻すために取り組みます。是非私たちの組合に加入してください。

共に歩き出しましょう。



  • 最終更新:2014-03-24 09:53:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード